お手元に以下の資料をご用意ください。
以下の資料を事前にご準備いただくと入力がスムーズに行えます。
お申し込みへ進む前に、資料をご用意いただくことをおすすめします。

事前にご準備いただきたい資料
1前年度年収が分かる資料  ●源泉徴収票等
2ご家族の状況が分かる資料  ●保険証等
3お勤め先の概要が分かる資料  ●会社案内等

会社名、住所、連絡先、設立年月日、資本金、従業員数等が分かるもの

  • 現在お借り入れがある場合
    4お借入中のローンに関する資料

    契約内容・残高が分かるもの

  • ご購入・ご新築の場合
    5販売・施工業者に関する資料

    販売・施工業者の会社名、連絡先、 担当者連絡先が分かるもの

  • お借り替えの場合
    6お借入中の住宅ローンに関する資料

    ●住宅ローン返済予定表等

住宅ローンのお申し込みにあたり、以下の事項をご確認ください。
1項目でも該当しない(チェックされない)場合はお受け付けできません。

住宅ローンをご利用されるお客さまは、以下の条件を満たす必要があります。

 

お客さまについて
●日本国籍のお客さま、または永住許可等を受けている外国人のお客さま。
●満20歳以上満70歳未満(完済時満80歳未満)で、三菱UFJ住宅ローン保証または全国保証(保証会社)の保証を受けられるお客さま。
団体信用生命保険にご加入が認められるお客さま(保険料は当行が負担いたします)。
住宅ローンの資金使途/対象物件について
●お客さまご自身がお住まいになる物件が対象となります。
※離島等一部、対象外の地域があります。また、面積等によりご利用いただけない場合があります。
●不動産は、建築基準法およびその他法令の定めに合致している必要があります。

その他、以下の事項をご確認ください。

 

資金使途について
●リフォームのみの場合は、住宅ローンとしてお借り入れいただけません。リフォームローンをご利用ください。
●お借入時にかかる登記費用等の諸費用は、住宅ローンに含めてお借り入れいただけます。
収入合算ペアローンのご利用について
収入合算、ご夫婦それぞれでお借り入れされるペアローンをご利用の場合、相手の方は保証会社に対する連帯保証人となります。
担保について
●住宅ローンの対象物件(土地・建物)に保証会社が第一順位の抵当権を設定します。
●抵当権設定登記は、原則当行指定の司法書士が行います。
●対象物件が共有名義の場合、共有される方は担保提供者(物上保証人)となります。
※住宅取得資金の負担と物件の持分割合が異なる場合、贈与税が課される可能性があります。
税務に関するご相談は最寄りの税務署にお問い合わせください。
お申込受付後のご連絡について
●お申込内容を確認し、正式なお申し込みに必要な書類等をご案内いたします。
●お申込書等をご返送いただいた後、当行、保証会社が審査を行います。
書類等に不備がありますと、審査結果の回答にお時間がかかる場合があります。
なお、ご提出いただく書類は一切返却いたしませんのであらかじめご了承ください。
インターネットでお受け付けできないお申し込みについて(支店窓口にてご相談を承ります)
●海外にお住まいのお客さまからのお申し込み。
「かんたん事前審査」について
●お客さまよりご入力いただいたお借入希望内容をもとに、当行、保証会社にて審査を行います。
●審査結果によっては、ご要望にそえない場合があります。
●「かんたん事前審査」は仮の審査であり、ご融資をお約束するものではありません。
※「かんたん事前審査」のお申込内容と住宅ローンの正式なお申込時にご提出いただく書類等と内容が
相違している場合や、お申込内容に変更がある場合、保証会社によるご融資の対象となる物件の担保評価や
審査結果によっては、ご要望にそえない場合があります。
かんたん事前審査後の正式申込手続きについて
●かんたん事前審査結果の回答とともに、正式なお申し込みに必要な書類等をご案内いたします。
●お申込書等をご返送いただいた後、当行、保証会社にて正式な審査を行います。
書類等に不備がありますと、審査結果の回答にお時間がかかる場合があります。
なお、ご提出いただく書類は一切返却いたしませんのであらかじめご了承ください。
●審査結果によっては、ご要望にそえない場合があります。

お申し込み手続きに進む前に、商品概要説明書を必ずご確認ください

[商品概要説明書]
住宅ローン説明書(PDF)
金利コース(PDF)
7大疾病保障付住宅ローン/安心の保険料タイプ(保険料支払型)
7大疾病保険付住宅ローン/3大疾病保障充実タイプ(金利上乗せ型)

Get Adobe Reader Adobe® Reader™ のダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要になります。
Adobe社ウェブサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

次へ